お茶のおいしい入れ方


[ ホーム ] [ 商品案内 ] [ ギフトセット ] [ お店の案内 ] [ お茶のおいしい入れ方 ] [ お茶のお話 ] [ お茶の歴史 ] [ 通信販売の法則( ] [ 商品注文 ] [ 新しいページ 1 ]

玉  露 煎茶(深蒸し煎茶) 番茶・ほうじ茶・玄米茶
@急須にお湯を入れ湯冷まします。
  (上茶で約50℃、並茶で約60℃)
@茶碗にお湯を8分目ほど入れて湯冷ましします。
 (上茶で約70℃、並茶で約90℃)
 一人分の湯量は上茶で約60ml,並茶で約90ml
 です。
@お茶の葉を急須に入れます。
 家庭にある大さじ多めに2〜3杯分
です。
 (5人で約15g)


 
A急須のお湯を茶碗に7分目(約20ml)
ほど入れます。残ったお湯を捨てて下さい。
 茶碗は玉露用の小さめのものを使用します。

Aお茶の葉を急須に入れます。家庭にある大さじ
 2杯分です。(5人で約10g)

A1人分の湯量は、だいたい130ml
 お茶を急須に入れてお茶が浸出する
のを待ちます。

Bお茶の葉を急須に入れます。目安は家庭にある
 大さじでかるく2杯です。(3人で約10g)
B湯冷まししたお湯を急須につぎ、30秒位お茶が
 浸出するのを待ちます。
Bお茶をつぐ分量は均等に
廻しつぎ、お茶は絞りきりま
しょう。おいしく味わえる温度は75℃位です。二煎目は
 お湯を入れてからすぐついでも結構です。
C茶碗のお湯を急須にあけて2分位お茶が浸出
 するのを待ちます。
Cお茶をつぐ分量は均等に、濃さの差
が無いように廻し注ぎ、最後の一滴までお茶は絞りきりましょう。
 美味しく味わえる温度は約50〜65℃位です。
 二煎目はお湯をいれてから10秒位待ちます。
 ・二煎目は一煎目より熱め
のお湯を急須に注ぎ、一呼吸し、
つぎ分けてください。
 ・お茶の有効成分は二煎目で殆
ど出つくしてしまいますので、茶葉をお取り替えください。

Dお茶をつぐ分量は均等に廻しつぎ、お茶を絞り
 きりましょう。
 美味しく味わえる温度は約35〜40℃位です。
 二煎目は冷ましたお湯を入れてから30秒位待ち
 ます。

   


冷茶のおいしい入れ方

アイスティー
(水だし煎茶風)

ティーパック
(水だし煎茶)
ロックティー
(オンザロック風)
@煎茶の茶葉を急須に
 たっぷりと入れて下さい。
@ティーバックをフリーポットに
 入れます。(目安として水1L
 に対してティーバック5g入り
 が2〜3個程度。)
@急須に茶葉を少し多目に
 入れてください
 標準は1人前5グラム(大さじ1杯)
 3人前は10グラム、5人前は15
 グラムです。
A冷水を静かに注いでか
 約4〜5分間そのままに
 して、注ぎ分けて下さい
Aミネラルウォーターまたは
 水道水を満タンにした後、
 軽く数回かくはんしてください
 (フリーポットに最初少しお湯
 を入れてかくはんしてから水
 を入れるときれいな色になりま
 す)
Aポットのお湯を注いで下さい。
 やわらかな味と香りを味わうため
 には少しぬるめの約60℃にし
 キリッとした渋みを欲しい時には
 熱いぐらいの湯約80℃でどうぞ。
Bできれば茶器は小さめ
 のガラス器を用意して下
 さい。涼しげな器が香り
 をいっそう引き立ててく
 れます。
Bそのまま冷蔵庫で適度に冷や
 して下さい。
B急須にお湯を注いで一煎目は
 1分ぐらい、二煎目、三煎目は
 10秒ぐらいでグラスに注ぎ分け
 て下さい。
    C厚手のグラス等にウイスキー等
 のオンザロックをつくる要領で氷
 を数個入れて下さい。
    Dグラスに直接注ぎます。
 濃度を平均にするために並べた
 グラスに左から右、右から左と少
 しづつ注ぎ分けて急須には一滴
 も残さない様にして下さい。
 急冷したお茶は香りと味をそこなわ
 ず美味しく戴けます。

トップページに戻る