[ ホーム ] [ 商品案内 ] [ ギフトセット ] [ お店の案内 ] [ お茶のおいしい入れ方 ] [ お茶のお話 ] [ お茶の歴史 ] [ 通信販売の法則( ] [ 商品注文 ] [ 新しいページ 1 ]

 

お茶の歴史 

中国伝来、日本育ち

日本のお茶の始まりは今から焼く1200年前の平安時代の初め。最澄や空海といった

      唐へ留学した僧たちによって、中国から持ち帰られたものといわれています。

      お茶が脚光を浴びるようになったのは、鎌倉時代以降からです。 


お茶の種類

みんな同じお茶の木

不発酵茶   

 蒸し製(日本式)

        ・煎茶          日本を代表するお茶で葉が細長く、うまみと香りがある

        ・深蒸し煎茶     茶葉を通常の2〜3倍位長く蒸気で蒸して精製されたもので味が濃く
                      甘味のある、鮮やかな濃緑のお茶で、茶葉が細かく、粉っぽいのが特微です。

        ・玉露・かぶせ茶  よしず棚など茶園を覆い、直射日光を当てずに育てた、苦味をおさえた高級茶
                      です。また短期間だけ覆いをかけた茶を、かぶせ茶といいます。


        ・番茶          製法は煎茶と同じですが、夏や秋に摘んだ、大きな固めの葉を原料につくります。

        ・ほうじ茶       煎茶や番茶を強火で炒り、香ばしい香りを出した茶色の葉。食後のお茶に最適!

        ・抹茶 (碾茶)    玉露と同じように、日光をさけて育て、蒸した後乾燥させます。コレを石臼でひき、
                      粉状にしたもので、主に茶道に使われます。

 
        ・ぐり茶         煎茶とは違い、茶葉の形が丸い。さっぱり味のお茶です


発酵茶

   ・紅茶         茶はを完全発酵させた、赤茶色のお茶で、香りの高さが特色です。

 

半発酵茶

 ウーロン茶       半発酵の香りの高いお茶で、台湾、中国の福建、江西が主な産地です。

 トップページに戻る