やぶきた茶のできるまで

ホーム ] 上へ ] 喫茶礼式 ] 手揉茶 ] お茶の効能 ] [ やぶきた茶のできるまで ]

@茶園
沼津の一番茶は八十八夜ころ、手摘みや機械で摘み取られ、荒茶工場へ運ばれます。

K合組機
製品を均一化し、消費者の好みに合わせ配合・調整します。

L箱詰め
計量し茶箱に詰めます。

A蒸し機
茶の葉を蒸し機で蒸します。

B冷却機
蒸された茶の水分を風で取り除き、冷やします。

J選別機


M輸送
産地の問屋さんから全国各地のお茶屋さんにトラックや鉄道便で輸送されます。

C粗揉機
熱風でもみながら乾かします。

I仕上茶乾燥機(火入機)
茶を更によく乾燥させると同時に、独特の茶の香りをつくりだします。

Nお茶屋さん
袋や缶に詰めて販売されます。

  

D揉捻機
茶の葉に力を加えて水分を均一にしながらもみ続けます。

H仕上げ総合機
形の不揃いな荒茶をふるいわけし、切断、木茎分離、風選して整えます。

O美味しい沼津茶を召し上がれ

E中揉機
もみながら茶の葉を再び熱風で乾かします。(ぐり茶は、ここから別工程となります。)

G乾燥機
茶を充分に乾かします。ここまでが荒茶製造過程で、製品を荒茶と呼びます。

F精揉機
茶の葉に力を加えて形を整えながら乾かします。