茶生産の歴史

ホーム 原町の浮世絵 原町の版画 浮島沼の自然 原町の史話 原町の民話 原町の方言 茶生産の歴史 東海道中膝栗毛 原町の歌 原の歴史・地域概要

horizontal rule

喫茶礼式 ] 手揉茶 ] お茶の効能 ] やぶきた茶のできるまで ]

愛鷹山麗のお茶

 静岡県東部(愛鷹山麓・富士南麓)での茶の栽培の起源は、17世紀頃からといわれている。
 ( 『駿河国新風土記』<天保年間成立>に富士郡の村に産する、とある )

 浮島地区においては、茶は幕末の頃より栽培されていたが、それは商品としてではなく、単に屋敷周りや畑の畦畔に境界として植えられていた程度で自給用として製造されたものであった。

1193年 (建久4) 源頼朝が富士の巻狩りに際し、須山村の住人が自宅前の野生茶樹の葉を摘み、飲料として頼朝に献じたという。
1805 (文化2) 富士郡岩松村で始めて培炉(ほいろ)を設けて茶を製造したという。
1861 (文久1) 駿東郡沼津村の坂三郎は茶の栽培を試み愛鷹山麓に茶園を拓く。
1869 (明治2) 徳川藩士牧之原の開墾を始め茶園を拓いた。この頃東部の茶どころ愛鷹山麓、富士南麓の開拓も始まる。
1872 (明治5) 江原素六、愛鷹山麓の土地の借用に成功し、牧畜と茶業の経営を計画して茶園等を造成した。
1873 (明治6) 明治6,7年頃浮島村に大宮方面より製茶業者が入って、平沼で茶を製造し横浜方面に出荷した。

1859(安政6年に横浜が開港して、初めて茶が輸出されてから、茶の輸出が盛んになっていった。

1879 (明治12) 当時浮島村の三戸が製茶業を営む。この頃、茶の栽培面積は急速に増加し、製茶業者も激増したが、その生産様式が何れも、手摘み、手揉茶で農家の副業の形で行われたものが多く、明治15,6年の不況時には製造を中止するものが増加した。
1899 (明治32) 愛鷹山麓の土地4,200町歩の払い下げが認可される。関係町村は愛鷹山組合を結成し、開墾や植林に取り組む。この頃から愛鷹山麓での定型茶園の栽培が本格化した。
明治末期〜大正中期 明治末期より大正9年頃まで再び茶の輸出が増加し、製造も機械化が始まり、摘採もハサミ摘みとなり、浮島地区での生産も大幅に増加した。
1897 (明治30) 高橋謙三、茶葉揉捻機(粗揉機)を完成させた。
1915 (大正4) 内田三平は茶の摘採機(手鋏み)の特許を得た。大正3,4年頃になると、独立製茶工場が次第に多くなり、規模も大きくなって、生葉生産者、生葉仲買人、製造業者の区別が現れて来た。
大正末期〜昭和初期 第一次大戦後の不況、大正12年の関東大震災による打撃は全く深刻なものであって、茶の価格も著しく値下がりした。大正9年頃の好況時、浮島地区で100戸以上を数えた機械製茶業者も昭和6年には僅か17戸となってしまったために、生葉の約3分の2が他地域に移出される地区となり、それは昭和45年頃まで続く。

年度

大正四年 大正五年 大正六年 大正七年 大正八年 大正九年 大正十年 大正十一年 大正十二年 大正十三年 大正十四年 昭和元年 昭和二年 昭和三年 昭和四年
製造戸数 328 220 226 186 116 116 128 178 44 28 132 58 98 122 125
機械使用戸数 70 25 30 26 36 108 108 108 44 28 28 26 20 20 19
一貫当り価格(円) 2.37 1.65 2.17 2.70 3.35 4.05 2.37 3.05 3.10 2.25 2.07 2.15 1.96 2.13 1.90

     ―静岡県原町誌―    

第二次大戦〜

昭和30年代

 戦争中の苦難を乗り越え、昭和20年頃より新たに製茶業を営む業者が現われ、昭和30年代にかけて次々と製茶業者が創立して、煎茶や輸出用の王緑茶(グリ茶)を製造した。
 
昭和30年代より昭和45年頃まで、茶は斜陽産業と呼ばれみかんは成長部門と呼ばれていた。浮島地区でも昭和30年代後半から恩州みかんの植栽が進められ、普通畑以外に茶園からの転換や、茶との混植が多くみられた。
 従って40年代前半までは、それほど生産量の増加はみられなく優良品種の導入もごく僅かであった。
昭和40年代〜  昭和40年代、経済の高度成長によってお茶の消費も拡大し、価格も急速に上昇し始めた。経済成長による消費の上級嗜好に合わせて、品質の向上、生産性の向上を図るため、新品種、優良品種(やぶきた)への切り替えが急務となった。
 ※「やぶきた」1908(明治41)杉山彦三郎により選抜され、1955(昭和30)静岡県茶奨励品種に登録された。

 
さらに可搬式(二人用)摘採機が普及し始めて機械化に伴う茶園の整備が必要となり、改植や新植が急速に進んだ。
浮島地区では昭和50年頃より茶園面積は急増し耕作畑はほぼ全部が茶畑となった。
 同時に製茶機械も大型化・連続化が始まり、高度に発達して、今では全自動化(マイコン化)されている。
 今、愛鷹山麓一帯には見渡す限り美しく波打つ茶園が広がり、その品質は自他ともに認められており、昭和58年、平成8年と2度の「皇室献上茶謹製」の産地に選ばれ、東部の茶どころとなっている。

 

愛鷹地区における農作物収穫面積の推移
(農林業センサスによる)

浮島地区における農作物収穫面積の推移
(農林業センサスによる)

 


可搬型摘採機(二人用)


乗用摘採機

 

自動化された最新式の大型荒茶工場 やぶきた茶のできるまで(図解)

 参考  静岡県原町誌 、駿東郡誌 、新茶業全書 、静岡県茶業誌、他