浮世絵に描かれた原 29

戻る ホーム 上へ 進む

 [29] 諸国名所百景 駿河原之風景

 二代歌川広重画  万延元年十二月  魚栄(魚屋栄吉)版  竪大判錦絵
 

 このシリーズは今までの東海道シリーズと違い、諸国の名所風景の中から百景を選んでシリーズにしたもので、駿河の部に原の風景を描いている。富士山、愛鷹山、浮島沼というすばらしい景色が眺められる原の風景は、絵師、浮世絵師にとり、格好の場として多くの作品が残されている。
 原の風景は毛槍(先端のさやを鳥の羽毛でかざった槍)持ちを先頭に街道を行く大名行列を描いている。

諸国名所百景 駿河原之風景

戻る ] ホーム ] 上へ ] 進む ]

戻る ] ホーム ] 上へ ] 進む ]